【ご報告】北海道に移住しました!



2017年3月で24歳を迎え、医学部でもないのに6年間も通った大学を卒業しました。
そして、4月からしばらくの間は北海道の実家で生活することにしました。

僕は、在学中に起業をしてweb制作事業やイベント運営を手がけてきました。
同世代の起業家仲間や、優しいクライアント様にも恵まれてどうにか2年ほど続けてくることができましたが、不規則な生活と不摂生がたたって体を壊してしまいました。
苦渋の決断でしたが、一度東京を離れてまずはしっかりと休養を取り、自分のペースでやり直そうという決断をしました。

ということで、今回は僕の実家のある町について少しお話したいと思います。

共和町という町について

僕の実家があるのは、北海道の“共和町”という北海道民でも知らないようなマイナーな町です。


【実家の周辺の風景】

人口6000人の農村で、“らいでんスイカ”、”らいでんメロン”というブランドのスイカとメロンが有名です。
スイカは北海道No1のシェアを誇っていますので、北海道の人はよくスーパーで見かけると思います。
らいでんメロンも最近は三ツ矢サイダーや氷結のフレーバーになったりと、着実に知名度を上げています。

共和町自体は有名ではありませんが、北海道の中では隣町の“岩内町”(いわないちょう)や、“ニセコ”町などはよく知られています。

北海道電力泊原子力発電所がある“泊村”(とまりむら)も隣接しています。

家業について


【実家の畑】

実家は、さきほどのらいでんスイカ“らいでんメロン”を栽培している農家です。
3月から10月までが農作業のシーズン、残りは自由というようなサイクルで生活しています。

まとめ

4月から夏の収穫シーズンまでしばらくの間、北海道の実家で農作業をしながら生活することになりましたが、北海道ならではのコンテンツや、農業に関わるような記事もアップしていければと思いますのでそちらも楽しんでもらえると嬉しいです。

引き続き、ロシア人彼女と日本人彼氏の遠距離恋愛ブログ “Я люблю тебя!”をよろしくお願いします!