【ロシア】LINEもWeChatも使えなくなった!その原因と対策



私はモスクワに住んでいるロシア人です。

ロシアでは今、政府のせいでLINEが使えなくなっています。
5月4日には、LINEだけじゃなくてWeChatも使えなくなりました。

日本でも少しニュースになっているみたいなので、今回はその原因とロシアでもLINEを使えるようにする方法を紹介したいと思います。

LINEが使えない?

ロシアのApp StoreやGoogle StoreからもLINEが削除されています。
LINEだけじゃなく、中国のWeChatというLINEのようなアプリも5月4日から禁止されて使えなくなりました。

今はLINEのアプリは開くことはできるんですけど、インターネットにつながっていない状態になります。
だからメッセージの送信も電話もできません。

どうしてLINEが禁止されたの?

ロシアのニュースでは、ロシアの政府がユーザーの情報を報告するように命令したのをLINEが断ったから禁止されたと言われています。

ロシアにはROSKOMNADZOR(ロスコンナゾール)という組織があって、インターネットの情報などを監視しています。
英語だとFederal Service for Supervision in the Sphere of Telecom, Information Technologies and Mass Communicationsっていうみたいです。
長いw

ロシア人もLINEを使ってるの?

「そもそもロシア人ってLINEを使ってるの?」

って思う人もいるかもしれません。

LINEはロシア人でも使っている人はまあまあいます。
でも日本人の知り合いとか友達が多い人がほとんどです。

私はLINEがすごく便利だと思っていたので、使えなくなった時はとてもショックでした。
写真を高画質で送れたり、スタンプと着せ替えがたくさんあったりするので大好きです。

WeChatもLINEと同じようなアプリですけど、ロシアではそんなに人気がありません。

ロシアでは、whatsappというメッセージアプリが一番使われています。

ロシアからもメッセージができる方法

LINEとかの禁止されているアプリを使う方法があります。
私は、VPNネコというアプリを使っています。

このアプリで「日本」を選ぶとLINEが使えるようになります。
VPNネコは使っている途中でいきなり切れることがあるので、電話の時は少し不便です。

VPNネコが面倒な人は、まだFacebookは禁止されていないのでFacebookのメッセンジャーを使うといいと思います。

まとめ


ロシアの政府がいきなりLINEを禁止して、すごく頭にきました!
「なんで好きなことを奪うの?」って思います。

ロシアは最近こういう勝手なことが増えてきたので、本当にイヤだなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。