【ソフトクリームの聖地】新千歳空港のソフトクリームを食べ歩いてみた


6月6日放送の『マツコの知らない世界』でソフトクリームの聖地として紹介されていた新千歳空港のソフトクリームをおそらく最速で食べ歩きレビューしました。

放送翌日に新千歳空港へ

6月6日放送の『マツコの知らない世界』で”ソフトクリームの世界”の特集がありました。

“プロソフトクリーマー”を名乗る森川さんがソフトクリームの魅力や美味しい食べ方、食べるべきソフトクリームを語り尽くしていました。

その中で新千歳空港がソフトクリームの聖地として紹介されていました。

そして奇跡的にその翌日が彼女のがロシアから北海道に来るので新千歳空港に迎えに行く予定でした。

これは食べるしかない!と意気込んで新千歳空港に向かいました。

新千歳空港は国内線ターミナルの2Fがお土産屋さんフロア3Fがレストランのフロアというつくりになっています。
そして番組で紹介されていたソフトクリームはほとんどすべてが2Fにあります。

到着したのは18:30頃。
平日だったので全然混んでいません。
このためにお腹も減らしておきました。

今回は、
①基本的に番組で紹介されていたメニューだけを食べる。
②お腹いっぱいにならないようにコーンではなくカップで食べる。

以上の2つを自分ルールとしました。
それでは、早速食べていきたいと思います!

北菓楼『シェフのこだわりソフトクリーム』

北菓楼の『シェフのこだわりソフトクリーム』 308円。
最初に紹介されていたのがここのソフトクリームです。

売り切れていました。

やっぱり最初の商品はみんな覚えやすいからここに殺到したのかもしれません。

『マツコの知らない世界』で紹介されたということもしっかり書いてあります。

BLUE SKY『白い恋人ソフトクリーム』

BLUE SKYという色々なメーカーのお土産を取り扱うお店で売っている唯一のソフトクリームがこの『白い恋人ソフトクリーム』 340円。

ここは無事に買うことができました!

白い恋人に使われているホワイトチョコのような味のクリームです。
白い恋人ファンは必食です。

粘り気が強く重めのクリームなので溶けにくかったです。

意外と甘さ控え目でくどさがなく、すぐに完食してしまいました。
牛乳の味をしっかりと感じたい方におすすめです。

花畑牧場『ホットキャラメルソフトクリーム』

かつて一大ブームを巻き起こした花畑牧場。
こちらのお店の『ホットキャラメルソフトクリーム』 430円。

残念ながらかなり早くに完売してしまっていたらしいです。
平日の夕方でこの人気なので、土日はお昼くらいには完売してしまいそうです。

siretoco sky sweets『クマゴロンソフト』

『クマゴロンソフト 知床のしお味』 380円。
3種類の中で人気No1がこの知床のしお味だそうです。

出てきた瞬間からもう溶けかかってるくらいの柔らかさ。
軽くて甘さ控えめのソフトクリームでした。

しお味とはいうもののしょっぱさは感じませんが、塩のおかげか牛乳の味が濃厚に感じられます。
ジェラートとカップに書いてあるだけあって、細かい氷の粒でできているのを感じます。

クマゴロンの顔はドーナッツ生地でできているようです。
クマゴロンをかじりながら食べると最後まで飽きずに楽しめます。

PRONTO『岩瀬牧場のソフトクリーム』

東京にもあるプロントですが、新千歳空港店の『岩瀬牧場のソフトクリーム』(320円)というソフトクリームが紹介されていました。
プロントだけはターミナルの4Fにあるので他と少し離れています。

遠いからきっと人があんまり来ていないだろうと思っていたらまさかの売り切れ・・・

LeTao『パルフェフロマージュ』

ルタオのフロマージュを使った『パルフェフロマージュ』を食べにきましたが、19:30でカフェが終了してしまっていて、時間をわずかにオーバーしてしまっていたのでこちらも食べられませんでした🙇

夜だとあまり食べられないかも

そもそも到着したのが18時頃と、少し遅すぎたようです。

2Fのフロアは大体20時頃にはすべて閉店してしまうということを知りませんでした。
結局食べられたのは6つ中2つ。

平日の18時で売り切れ続出だったので、土日はお昼過ぎにはもう売り切れている可能性が高いと思いました。

お店もあまりマツコのことに触れていないあたり、もともと大人気の商品だったのかもしれません。

ここで諦めるわけにはいかない

でもこんな中途半端なレビューでやめるわけにはいきません。

翌日、食べられなかったお店の札幌市内や小樽にある支店を見つけ出して食べ歩くことにしました。

北菓楼本館 シェフのこだわりソフトクリーム

北1条西5丁目、大通り公園のほど近くにある北菓楼本店にきました。

昨日食べられなかったソフトクリームをついに発見!

今回食べた中で一番王道のソフトクリームでした。

クリームは重めで少しジェラートっぽい粘り気があります。
バニラがほのかに香りながらも牛乳の味がしっかり感じられて、バニラと牛乳のいいとこ取りができています。

不思議と最後まで飽きが来ないで完食してしまいました。

“シンプルイズベスト”を体現するようなソフトクリームです。

佐藤水産 宮の森店『塩ソフトクリーム』

PRONTOと同じ岩瀬牧場のソフトクリームを札幌市内で食べられるお店がこちら。

『塩ソフトクリーム』 280円。
しかし、佐藤水産オリジナルと書いてあったのでPRONTOのソフトクリームとは味は違うかもしれません。

牧場のアイスクリームだけあって、牛乳の味がくっきりと感じられます。
塩が効いているので、しつこい甘さがなく食べた後に喉が乾きません。
塩が入ると温度が下がるからか、少しジェラートのような粒感があって美味しかったです。

ルタオプラス パルフェフロマージュ

最後は小樽にある『ルタオ プラス』の『パルフェフロマージュ』フランポワーズ味(600円)です。
これは紹介された全品の中で唯一ソフトクリームではなくパフェのメニューです。

お味は・・・
どこをどう食べてもおいしい!
甘酸っぱいフランポワーズソース、看板商品のドゥーブルフロマージュ、ウエハース、下に敷き詰められたフレークと全てが計算し尽くされている感じがしました。

値段は600円と少々高めですが、味は大満足でした。

肝心のソフトクリームは甘さも牛乳の味も控え目で、バニラでもミルクでもなく”プレーン”とでもいうような素朴なソフトクリームでした。
全く自己主張せず、パフェのまとめ役に徹している感じがしました。

おみやげにルタオのドゥーブルフロマージュを購入。
これも当然のごとく美味しかったです。

まとめ


以上、5軒のソフトクリームのレビューでした。
花畑牧場はまたいつか食べに行きたいと思います。

どのソフトクリームも個性があって最後まで楽しめました。

そしてお店が意外とマツコをありがたがっていないということもわかりました 笑

今度の休日に新千歳空港に行く方はぜひ食べ比べてみてほしいです。