ロシアのWiFi・インターネット環境について


ロシアのネット環境ってどうなの?

最近は海外旅行に行くとき、そこのネット環境ってかなり気になりますよね。

「2~3日ならネットが繋がらなくてもいいか」という人もいれば、「仕事の連絡を絶やせないからネット環境は必須」という人もいると思います。
ということで、今回はモスクワを中心にロシアのWiFi・インターネット環境について、説明します。

フリーWiFiはそこら中にあるが・・・

ロシアの飲食店や公共施設は意外にもフリーWiFiのあるところが多かったです。
ただ、現地の電話番号を入力して、SMSを受信してパスワードをもらうというやり方のものがほとんどでしたので、多くの場合使えませんでした。
自分の携帯番号の先頭を(+81)にしてもダメでした。

注文すればWiFiのパスワードを教えてくれるカフェやレストランもあるので、注文する前にWiFiがあるか聞くといいと思います。

確実にフリーWiFiが使えるカフェ

“Il Patio”というダイニングカフェはほとんどの店でフリーWifiが完備されていました。
値段が若干高めですが、料理が本当に美味しいのでおすすめです。

日本の空港でWiFiルーターをレンタルする


一番おすすめなのは、日本を出発する前に空港でWiFiルーターをレンタルすることです。
羽田空港や成田空港の出発フロアでは、海外で使えるwifiをレンタルしている会社のカウンターがあります。
“イモトのwifi”や”GLOBAL WiFi”など、何種類かあります。

僕は2回ほどロシアへ行ったうち、最初の滞在のときは羽田空港でGLOBAL WiFiをレンタルしました。
料金は旅行先の国によって若干変化しますが、ロシアで使えるルーターは紛失や盗難に備えた保険も込みで1日1200円ほどでした。

帰国後は空港にある返却ポストに投函すればOKです。

PCを使う人にはUSBスティックがおすすめ!

ノートパソコンを持っていく人におすすめなのが、現地の携帯ショップや電気屋さんで売っている”USBスティック型WiFi”です。
僕は2度目のロシアのとき、出発時間がギリギリでレンタルWiFiを契約できずに日本を発ってしまいました。

ロシアでどうにか安くインターネットを使えるようにしたいと思ったときに、これを発見しました。

使い方

①本体を買う


携帯ショップなどで、このように箱に入って売っています。
購入時にはパスポートを見せる必要があります。

料金は2500ルーブル(5000円)前後です。
買ってから1ヶ月間はインターネットが無制限に使えるので、PCだけ使えればいいという人には、一番コスパがいいと思います。

②simカードをUSBスティックの中に入れる


このsimカードは、インターネット通信のみ有効で、simフリースマホに入れても電話はできないそうです。

③PCに挿す

これで、インターネットにアクセスできるようになります。
このUSBを挿してインターネットにアクセスすると、クレジットカード情報を登録するように促されますが、無視して大丈夫です。
最初の1ヶ月間は、無料で使うことができます。

ずっと使いたいという人だけ、支払い情報を登録しましょう。

ロシアで利用できないサービス

ロシアの空港で暇になった時、Amazonプライムビデオを見ようとしましたが、なんとアクセスできませんでした。
ロシアには、ショッピングのAmazon自体ないそうです 笑

また、YouTubeでも一部の動画が「この地域では再生できません」という状態になります。

まとめ

ロシアではFreeWifiは多いものの、現地の電話番号が必要なので、お店で注文する前に確認したほうがいいと思います。
日本でWiFiをレンタルする時間がなくても、現地でインターネットを使えるようにする方法はいくつかありますので、まずは空港などある携帯ショップで相談してみましょう。