海外旅行で日本のスマホを使うには?


海外でもいつものスマホを使いたい!

海外旅行でも普段のスマホを普段通り使いたいという方は多いのではないでしょうか?
今回は日本の3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)のスマホを海外でwifiを使わずに利用する方法を調べてみました。

基本的に1日30MBまで

3大キャリアの提供している海外用プランは、基本的に全て1日30MBまで高速回線で使用することができて、それ以上の通信は速度制限がかかってしまうものが多いです。

30MBでできること

・テキストメールの送受信:約6,000通
・Webサイトの閲覧:約120ページ
・動画の視聴:約15分
・IP電話アプリ「050 plus」による通話:約120分

これが十分かどうかは人によって違うと思いますが、動画などを見たい場合には全然足りません。
これを踏まえて、これから紹介するプランを比較していただければと思います。

docomo

docomoは海外でスマホを使いたい人に、2つのサービスを提供しています。

①海外1dayパケ


事前に申し込みをする必要があります。
旅行先の地域により、料金は3種類に変化しますのでご自身の渡航先の料金を事前に確認しておきましょう。
現地に着いたら利用開始の操作をする必要があります。
通信料が1日30Mバイトまでなら速度制限なく、快適に使うことができます。

②海外パケ・ホーダイ


現地に着いて、特になんの手続きもせずデータローミングを行なった場合は、自動的にこのサービスが適用されます。
どれだけ使っても最大で1日2980円、1日24.4Mバイト以下なら1980円/日という料金です。

世界104カ国で使えるサービスです。
対象の国は、こちらからご確認ください。
対象国・地域|docomo

au

①世界データ定額

渡航先に着いたら、利用開始の手続きをするだけで使用可能になるプランです。
1日980円で、国内で契約中のデータ定額サービスのデータ容量をそのまま海外でも使えるようになるというサービスです。

※「データチャージ」に加入している方のみ利用可能です。
データチャージ|au

②世界ダブル定額

※「LTE NET」または「LTE NET for DATA」に加入している必要があります。
アプリをインストールすることで、簡単に使用開始ができます。
世界データ定額アプリ|au

料金は、通信量約24.4Mバイトまでは最大1,980円/日、どれだけ使っても最大2,980円/日
ということで、docomoの海外パケ・ホーダイとまったく同じサービス内容です。

ソフトバンク

海外パケットし放題

ソフトバンクが提供しているプランはこの1つです。

1日の通信料が25Mバイト未満なら0円~1,980円/日25Mバイト以上なら2,980円/日という定額プランです。
申し込みは不要ですが、現地に着いたら必ず、「手動」でパケット定額の対象事業者の設定をする必要があります。
※「自動」の場合、定額対象事業者に接続されず、高額となることがあるそうです。

地域別の定額対象事業者はこちらでご確認ください。
定額対象事業者|ソフトバンク

SIMフリースマホは?

普段からSIMフリースマホを使っている方は、現地の携帯ショップや家電量販店などでsimカードを買えば、簡単にスマホが使えるようになります。
しかし、国や州によっては、旅行者がsimカードを買えないところもあるので、あらかじめ調べて置いた方がいいでしょう。

まとめ① 一番コスパがいいのは?

2〜3日程度の旅行なら、それぞれのキャリアが提供している今回ご紹介したプランを使用するのがいいと思いますが、1週間以上など長期になればなるほど、通信料は高くなっていきます。
1日2980円発生した場合、1週間の旅行で通信料は2万円を超えてきますので、これはさすがに高すぎると思う方は多いのではないでしょうか。

まとめ② 空港でWiFiをレンタルするのがお得!

少し大きめの空港なら、出発のフロアに海外用WiFiをレンタルしているカウンターがあります。
“GLOBAL WiFi”や”イモトのWiFi”など、何社かありますが、料金はいずれも1日1000円〜1500円程度です。
複数人で行くなら、ワリカンでwifiをレンタルして現地でみんなでつなげばさらにお得になりますので、コスパを気にする方はwifiがおすすめです。

参考サイト

海外1dayパケ|docomo
海外パケ・ホーダイ|docomo
海外で使う(au世界サービス)|au
海外パケットし放題|softbank